FC2ブログ
スポーツに関する様々な情報をお知らせします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議に思うこと
体育の日は我が家の大切な記念日です。
代表も私も体育大学を卒業したバリバリの体育会系男子・女子です。
結婚式も体育の日にしたかったけど、会社に却下され・・・
泣く泣く敬老の日にしたという、笑っちゃうような過去があります。
2人の男の子どもたちもスポーツが大好きで、

そんな大好きなこの季節に、身体・体力についてのコラムをたくさん目にします。
大好きなこの季節ですが・・・私は幼少のころは運動がとても苦手な子供でした。
いつも家で本を読んだり、人形遊びをしている・・そんな子どもだったようです。

ところが、小学生になって・・・体育の授業で、出来ないことがあまりにも多いことに気付くんです。
まず最初に気付いたのは、跳び箱を跳べなかったこと。泳げないこと。走るのも真ん中あたり・・・
運動苦手な子供がなぜ体育大学に入学することになったのか・・・
自分なりに分析してみました(笑)

とにかく負けず嫌い・・・これに勝る能力はないと思います。
出来ないことが許せなかった。出来ないと言いたくなかったようです。
良い指導者との出会い・・・今では考えられないでしょうが、休日に体育館を開けてくれて、跳び箱の
指導をしてくださいました。
そして、出来ることの喜びを知ることが出来ました。
最後は環境・・・私の実家は山の中・・・小学校までに片道3.5キロの道のりを歩くのです。
それも標高がかなりあり、日々、坂道ダッシュをしていました。
高校では片道10キロを1.5キロを走り(自転車で上れないほどの坂なので)残りの8.5キロを猛ダッシュ。
体力つくのわかるでしょ???

ずいぶん話がそれてしまいました。
不思議に思うこと・・・
私が小中学生の運動指導をするようになって・・・15年目になりました。
その間、長男は小学校から中学、高校生になりました。また、二男を出産し、生後半年から復帰をしました。
その次男も小学校が終わりに近づいています。

その指導の場所で感じることです。
身体を動かしに来たはずなのに、じーっとしている子どもたちが多いです。
小学生になってもなわとびが出来ない子やスキップやギャロップが出来ない子がいるのです。
その割合が年々増えているように感じます。
逆に運動が出来る、得意な子も増えています。
両極端になっているようです。

このブログをご覧になっている保護者の皆さま・・・
どうぞ、お子さまたちに動く習慣を小さい時につけてください。
身体を起こしておく・・・食事中に肘をつかないとか、ごろごろ横にならないように
声かけをしていただき、こつこつと動く習慣を付けてあげていただきたいと思います。
身体の軸や筋肉はすぐにはできません。
習慣づけること、続けることで身になりますので、どうぞご協力をお願いします。

ママいのうえ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
体育の日は我が家の大切な記念日です。代表も私も体育大学を卒業したバリバリの体育会系男子・女子です。
2012/10/25(木) 23:53:58 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。