FC2ブログ
スポーツに関する様々な情報をお知らせします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疲れとストレスについて
2月も後半になり、少しずつ春の香りが感じられるようになりましたが、
TSMに関わる皆さまは何で春を感じますか?
くしゃみ?(今年は花粉が例年の10倍とか・・・?!)
雨上がりのちょっとしたつぼみの香りでしょうか・・・

学年末も近付いていて、インフルエンザや風邪などでの学級閉鎖や、学校をお休みしているなんて
いうお話を聞きます。
体調不良などは疲れから来るものもあると聞きますが、皆さまやお子さまたちはいかがでしょうか?

我が家で購読している朝日小学生新聞にとても興味深いお話が掲載されていましたので、
少し紹介します。

疲労について研究する大阪府立大学特任教授で理化学研究所・分子イメージング科学研究センター長の渡辺恭良先生のお話です。

【疲れ】とは渡辺先生曰く「元気な時には出来たことがやれなくて、自分の能力や能率が目に見えて、低下している状態。食事によって回復する『燃料切れ』とはちょっと違う。」とのことです。
【疲れ】は「少し身体を休めてくださいよ・・・という大事な合図。このシグナルを見落とすと、能力や意欲が落ちたり、身体の抵抗力が弱くなって風邪をひきやすくなったりといった問題が出てきます。」とのことでした。

では【疲れ】をためないためには?
渡辺先生曰く「規則正しい生活や好き嫌いのない食事など、心がけ次第で疲れをためない生活を送ることが出来ます。気持ちの持ち方によっても、疲れ具合は変わってきますよ。」とのことでした。

いかがでしょうか。
お子さまに限らず、保護者の皆さまにも当てはまりませんか?

【疲れ】と【ストレス】を比較されることがありますが、皆さまはどのように感じていますか?
【ストレス】から【疲労】になることもあると思います。また、その逆だったり・・・
しかし、ストレスも(いいストレス)と(悪いストレス)があるんですよ。
前者は物事に対して「がんばろう!」「やってみよう!」とやる気が出るストレス
後者は嫌なことが積み重なって、心だけでなく身体の調子も悪くなるストレス
と言われています。

生活の中で、ストレスや疲れをなくすことはとても難しいことですが、上手に付き合いながら
心も身体も元気でいられるように、毎日を過ごしていきましょう。


ママいのうえ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。