スポーツに関する様々な情報をお知らせします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全国体力調査について
TSMに関わる皆さま、メリークリスマス。
どのようなクリスマスをお過ごしでしょうか。今日も寒空のグランドにいたママいのうえです。

12月18日の朝日新聞と朝日小学生新聞に文部科学省・全国体力調査について記載がありました。
種目は小5は握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、20mシャトルラン、50m走、立ち幅跳び、ソフトボール投げの8種目。中2はシャトルランか持久走を選び、ボール投げはハンドボールを使用し、他6種目は小5と共通。前回までは原則、小中全校参加だったが、事業仕訳で指摘を受け、小中学校の約19%(小中計42万人)を抽出する形で実施されました。

そんななかで、家族とスポーツの話や観戦をしない子は運動時間も体力も低い傾向が見られたということでした。
また、驚いた話の中では体育の授業をのzく1週間の走運動時間を調べると60分未満の割合は男子が小5で10.5%、中2でも同様。女子になると小5では24.2%、中2になると31.2%にもなるようでした。
TSMの講習に参加しているお子さまたちは週1回でも90分以上の講習時間があり、またその前後でもかなりの運動量になっているので、その点は安心でしょうか。

男女ともほとんど運動をしない子と毎日身体を動かす子に2極化する傾向が強いようです。
運動をすることで、身体も疲れるので睡眠時間が長く、食欲も旺盛で、テレビを見る暇もないと思うのですが、
いかがでしょうか。
また運動をすることで、精神も安定し、ゆっくり眠ることもできるので、気持ちも落ち着くようです。

実際、TSMに在籍している塾生の中にもいました。
入会した時には保護者の方から、「とにかく力が有り余っていて、いつもケンカばかりしています。気分にもむらがあるので、講習が全部できるかどうかわからないのですが・・・」との相談で、
「日々の寝起きも悪く、食事の取り方にもむらがあるようです。」とのことでした。

講習に参加するようになり、2か月ぐらいたったころでしょうか。
保護者の方から「やっぱり、運動不足だったようです。TSMに参加した後は食事もたくさんいただくし、すぐ寝て、寝起きもとても良いようです。カリカリと怒らなくなりました。」と報告がありました。
講習では時にぼーっとしていて、参加できないこともあったりしましたが、とても元気に取り組んでいます。
日々の宿題にも少しづつ生活の中に取り入れるようになって、何も運動をしない日がなくなったことで、
生活習慣も整ったとのことでした。

TSMでは子どもは子供らしく・・・(現在のお子さまがどのような生活が子どもらしいのか、少々気になるところですが・・・)
子どもは風の子・・・外で元気よく遊び、走りまわり・・・食事でも「おかわり!!」と元気良くお茶碗を出してほしいなと思っています。
快食、快眠、快便・・・そして心地良い汗・・・そんなお手伝いが出来るように、指導をしていきたいと思います。

昨年も同様の記事についてブログをアップしておりますので、ご参考までに・・・
新聞の記事より

ママいのうえ
スポンサーサイト
子どもと一緒に・・・その後
クリスマスソングが聞こえてきますが、TSMに関わる皆さまのクリスマスソングは何でしょう?
恋人たちのクリスマス(マライア・キャリー)なのですが・・・(世代がわかりますか?)

先のブログ子どもと一緒に・・・でフットサルの大会に次男と参加してきました。
そのご報告を・・・
結論は楽しかったです!!
子どもたちと有意義な時間を過ごすことが出来、フットサルコートで一緒に走り回り、同じ目標に向かって(ゴールを決める)時間を共有することが出来て、本当に良かったです。
そして私も怪我することなく、試合に参加して・・・というよりさせていただき、良かったです。
お誘いいただいた尾張旭FFCの皆さまありがとうございました。

昨日は天気も良く、絶好のスポーツ日和でした。TSMに関わる皆さまもいろんなスポーツ観戦をされたんでしょうね。
決勝リーグに残ることはできませんでしたが、4試合をしっかり戦いました。
控えで応援をしている時も、今までの観戦とはまったく違いました。
子どもたちと一緒に応援し、円陣を組んで、気合を入れて・・・その輪・和の中に入ることが出来て、とてもお得感を感じましたよ。
試合中は今までコーチから言われていたことを、頑張って試している子どもたちのことを尊敬し、子ども同士での声かけや息遣いを感じることが出来たこと、良い思い出になりました。
全試合が終了後、コーチからいろんなお話をいただきました。
ついつい子どもたちと一緒に立って聞き、返事をしている私がいました。
チームの一員として参加できたことは、帰宅途中の車中や、夕食時で盛り上がったことは言うまでもありません。
私はそれだけでは物足りず、お風呂の中でも寝る寸前まで、ずっと次男としゃべり続けました。

これからもいつまで出来るかわかりませんが、子どもたちとたくさんスポーツを続け、同じ思いを共有できるようにおしゃべりをしていきたいなと痛感した一日でした。
しっかりとアフターケアをしたおかげとTSM講習に参加させていただいているおかげで、今のところ筋肉痛もなく、心地良い疲れだけが残っていることをご報告とさせていただきます。

ママいのうえ
子どもと一緒に・・・
今年も残り少なくなってきました。
やっと冬らしくなりましたが、皆さまいかがおすごしでしょうか。

12月に入ってチャレンジをしています。
それは「フットサル」です。
次男が所属しているサッカーチームでファミリーフットサル大会に参加するから。お母さんも一緒にということで私も参加することになりました。
サッカーママ歴は本当に長くなりましたが、まさか子どもと一緒に試合に参加するなんて・・・想像もしてませんでした。

転んでけがをすることも心配ですが、私が参加することで、子どもたちに迷惑をかけてはいけないと思い、
一緒に練習をすることにしました。
普段、試合観戦をしていてもいろいろ言いたいこともあるのですが、黙っていることにしています。
自分が実際に子どもたちと練習をして思ったことは・・・
子どものplayに対して、文句・・・注文・・を言ってはいけない!!ということです。
本当に大変です。思ったようにボールを蹴ることはできないし、Look upなんてとんでもない・・・
子どもたちって頑張ってますよね。

私がこの試合に参加してみようと思ったのは・・一緒のスポーツを楽しむことってなかなかできないし・・
数少ないチャンスだからと・・・一緒に走ったりすることはありますが、団体スポーツをすることってあまりないですよね?
普段は走ったり、指導をしていますが、フットサルやサッカーはまた違った動きです。
激しくて・・・走ったり止まったり・・・1試合前半10分と後半10分・・・長いです。
何試合するんだろう??と心配をしていますが、楽しんでみようと思います。

皆さまも何かお子さまたちと一緒にスポーツを楽しんでみませんか?
同じピッチに立つと思いを共有できて良いですよ。
次回のブログは結果報告などを・・・

ママいのうえ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。